東京家出掲示板

  • 投稿日:
  • by

私は東京在住のOLです。先日、私の身に起こった家出体験談を聞いてください。
私が家出して東京のネットカフェでのんびりくつろいでいたときのことでした。
東京家出掲示板で、知り合った神様が突然私の部屋を訪ねてきたのです。
用件は、昨夜、私の部屋から大きな音がすると苦情が届いたらしく、そのことを伝えにきたのです。
このネットカフェは壁や床が薄く、少しでも大きな物音を立てると周囲に響いてしまいます。東京家出掲示板で、家出の計画を立ててからずっとネットカフェにいます。
私は、家出して以来寝相が悪く、よくバタバタと駆け回るので、これまでにたびたび注意を受けてきました。そのときはたまたまだと言って、私は管理人さんに頭を下げ、誤って事なきをえました。
隣の部屋に居るのは、、私より年上の家出人です。年齢は23歳です。
優しくて気がいい人なのですが、口うるさいタイプなのです。
私は、これまで何度も出向きましたが、そのたびに嫌味を言われ、申し訳ないと思うと同時にかなりのストレスも感じていました。
本当は私もあまり顔を合わせたくはないのですが、同じ家出仲間なのでそうもいきません。

その日の彼女のお叱りはなかなか終わらず、私は何度も頭を下げているうちにあることに気づきました。
彼女が着ているのは胸元がゆるいセー夕ーだったので、上からだと白いブラが見えてしまうのです。
私はついチラチラと彼女の胸元をのぞき見てしまい、彼女も私の視線に気づいたのでしよう。あわてて胸元を手で押さえながら、さらに怒りはじめました。

ようやく解放されてホッとしていたのですが、今度は帰ろうとする私を彼女が呼び止めました。
「せっかく来たんだから、上がってお茶でも飲んでいきませんか。」と。同じ家出仲間です。募る話も多いです。

彼女も東京家出掲示板に登録していました。
それまでとは一変して優しく誘われた私は、ここで断ってしまってはまた不機嫌にさせてしまうと思い、お言葉に甘えることにしました。
いつもであれば、彼女の家に招待されお茶をご馳走されても、緊張でのどを通らなかったでしよう。しかし、その日は、コーヒーまでわざわざ用意してもらいました。
彼女は、明らかに私の視線に気づきながら知らないふりをしています。わざと胸元を見せつけて誘惑しょうとしているようでした。

でも、私は、レズではありません。彼女の思わせぶりな態度から、私はそのことに気づきはじめました。家出生活の愚痴といい、欲求不満ぶりをちらつかせているのも、私へのサインだったのでしょう。
すると急に私にも彼女を抱きたいという欲望が出てきました。これまで口うるさい女だとしか見ていなかつたのに、そういった面を見せられると、ムラムラした感情を抱くようになつたのです。
とりあえず彼女がどういう反応をするか確かめようと、彼女の手に、自分の手を重ねてみました。それほど大きくはない胸でも、さわってみるとやわらかさと感じます。手のひらで胸をもみながら、背中にまわした手に力を込めました。
首筋に顔を埋めながらいやらしく舌で舐めてやると、彼女はうっとりとしたため息を洩らしました。
私の手は、彼女の服の中にもぐり込んでブラをはずしはじめました。体からはなんとも言えない甘い香りがただよつてきて、ますます私我慢できなくなりました。
キスをされている彼女の唇から、エッチな声が聞こえてきます。
もちろん私が舌を絡ませてもされるがままです。彼女は少しずつ後ずさりをするうちに壁に追い込まれ、身動きもとれない状態になっていました。東京のネットカフェで家出したもの同士のエッチな出来事です。東京家出掲示板

家出中のお金をかけないバストアップサプリ

  • 投稿日:
  • by

お金をかけないバスト維持なら
中年と呼ばれる年頃となっても、やはり女性ですから胸の垂れ等のスタイルは気になるものです。
しかし、その強い思いとは裏腹に代謝の低下による体重増加、体型の崩れというものは、容赦なく襲って来ます。
なんとかスタイルを維持したいという強い願いを持っていると、様々なダイエット食品、サプリメント、運動器具などのコマーシャルが目に飛び込んできます。

temp_illust06.jpg
どれを選んでも問題となるのはお金や手間がかかります。子供たちの教育費や自分たちの老後の蓄えをムダに使っている場合ではないので、なんとかお金をかけずにバストアップやスタイルを維持する方法はないかと試してみる事にしました。
まずは、自分の生活スタイルを客観的に観察してみることにしました。
家事や育児でバタバタ忙しくしているようで、目立つのが空いた時間の間食と一日の疲れをねぎらうビールです。
ついつい自分にご褒美を与えたくなって習慣化していることに気づきました。
食べていない、飲んでいないのに痩せない、太っていくには、何か自分で見落としていることがあるようです。
次に、日頃から運動不足は自覚していたので意識的に身体を動かしてみることにしました。
とはいえお金を払ってスポーツジムやヨガのレッスンに通うのは経済的にも難しい上に、継続して通えるのかもかなり疑問です。
そこで、日常生活に組み込める運動を見付ける事にしました。
私が取り入れたのは、ママチャリで出かけていた買い物などの用事をすべて徒歩にすることでした。
歩き方にも工夫して、早歩きのウォーキングです。腹筋を意識して歩くとさらに良いと聞いたのでそれも付け加えました。
買い物などの往復20程度ですが、汗をかいて身体も温まります。毎日続けたいので、買い物は一日分をこまめにするようになりました。
一度に沢山買い物ができないので、無駄遣いが減りました。
さらに、少しきついから処分しようか迷っていたスカートやデニムは捨てないで、体型維持のための目標とすることにしました。
ちょっときついくらいのウエストで生活していると、食べ過ぎることもなく腹筋が常に緊張しているのでおすすめです。
自分の身体を小さめのボトムに合わせる気持ちで毎日はいていましたが、気がつけばジャストサイズとなりました。
これで大きめサイズに買い替えるお金を節約できました。
バストアップとスタイルを維持するための地味な活動ですが、これらの行動は割と効果が高いと思います。
しかもどれも間食やビール、スーパーでのムダな買い物、新しい服への買い替えがなくなるのでお金も節約できます。

キムチ納豆 大根おろしがけ

  • 投稿日:
  • by

20代に低カロリーダイエットをしましたが、(主に主食がキャベツサラダ)30代になってその影響か生理不順や肌トラブル、また便秘や冷え性がひどくなってきました。
おなじものばかりに偏るのはよくない、筋肉が衰えればそれだけ脂肪燃焼力がおちるなど、基本的な知識は全くありませんでした。
現在は3食できるだけきちっと食べて、夜の食前にはキムチを納豆にかけて食べています。大根があるときはおろしにしてかけています。もちろん以前よりは食べているカロリーが高いので、ガリガリにやせるというわけにはいきませんが、太ることはありません。他にも朝活として早めに起きてきてから、フィギュアロビクスをして汗をかいています。
今日は動きたくないなと思う日や、自分の生理周期にあわせてフィギュアロビクスをしない日は、マッサージにあてています。
小さい子供がいますが、早めに起きれば活動できます。二人になると難しくなるとは思いますが、食事コントロールとあいた時間を有効に活用すれば産後も問題なく(ゆっくりですがその方がきれいにやせると思います)やせていくと思います。
また、なかなか効果がでないなと思ったら骨盤が歪んでいる可能性が高いかもしれません。骨盤マクラを腰にひいて寝転がることを毎日したら、下半身も少しほっそりしました。ちょうど夏ごろだったからかもしれませんが、前日に比べたら一目瞭然だったので効果はあると思います。
この三つを意識して毎日取り組むようにしたら、三ヶ月はかかりますが友人に確実に適正体型まで戻ることができました。
ガリガリすぎては魅了もなく、ただ周りが心配するだけだなと痛感しています。
ある程度の肉感があったほうがきれいにみえ、健康的です。そのためには3食は難しくても、内容を濃くしてきちっと食べることが大切でした。そして特に産後は骨盤のケアをしてあげることで、授乳など効率的にやせることができると思います。
今は若い頃の無理なダイエットで二人め不妊になっています。それを解消するためにもご飯のバランスを考えていますが、あの頃の自分に言葉をかけられるならダイエットの知識をもってしてから取り組むようにいいたいです。
はやおきが辛いときはもちろんさぼっています。でもそのときは子供と三歩にでるとか必ず動かす機会を作っています。これからも可能な限りそうしていき、健康なダイエットというよりもシェイプアップを心掛けていきたいです。

スタイル維持のために行っていることがいくつかあります。一つはやはり運動ではないでしょうか。しかしながら私のような会社員の方であれば、ジムに行ってせっせと運動するのもなかなか時間の都合上難しいことがあるかと思います。
また運動しないといけないという義務感を背負うのも辛いものがあります。なので私は人よりちょっとだけ運動しようを実践しています。具体的には朝の出社時にエレベーターは使わず階段を使う、オフィスでは座っている時は机の下で足を上げたり下げたりの軽い筋トレをする、歩くときは早足で歩くなどと簡単なことばかりです。
もっと言うと早起きできた朝は、駅は一駅分ぐらいは歩いてから電車に乗っています。家に帰ってからお風呂上がりはテレビを観ながらストレッチをしています。テレビを観ながらですとすぐに時間が経ってしまいます。やはり歳を取ると知らずにお腹が出てきてしまうので腹筋は1日30回はやるようにしています。特に足を少し上げて行う腹筋は下っ腹に効くので私は35歳になるのですが、歳のわりにはお腹は出ていません。自慢のお腹です。
もうひとつは食事だと思います。食事は単純に炭水化物や油を抜いたダイエットではリバウンドしてしまった痛い経験があるので、バランス良く摂ることを心がけています。
もちろん野菜は出来るだけ毎食準備できるようにはしていますが、なかなか残業で帰ってきた日などは疲れ切って料理をする気にもならないので、1日で見るのではなく1週間のトータルでバランスよければOKとしています。自分に甘過ぎてもダメですが適度に許してあげることは長い目で見て効果的です。
あと気にしていることと言えば、体型を隠さない服を着ることです。ある女優さんがいつも見られる格好をしているとスタイル維持が出来るとおっしゃていたので、体のラインがわかるような服を選ぶようにしています。
確かにウエスト部分がゴムなスカートや長いスカート、腰より下まで長さのあるTシャツなどだと隠れる部分が多くて楽ではありますが、やっぱりその分体もだらけてしまいそうです。あえて出すことできれいになることを再認識させます。
それともうひとつ。それは異性を好きでいることです。あんまり対象がコロコロ変わるのも問題だとは思いますが、好きな人がいることでやっぱりその人に好かれようという目標ができるのでスタイル維持のモチベーションが上がります。
この恋心を持つことは大きな力になります。

バスト等のスタイル維持のためにやっていることと言えば、常日頃から全身を引き締めようと意識することです。
例えば、台所で食事を作っているときに、包丁でものを切っているとしましょう。その際は太ももの引き締めタイムだと位置づけ、足を肩幅に開いて膝を曲げた状態で作業したり、両方の膝を付けた状態で膝を曲げたりして作業しています。コンロの前に立って炒めものをしたり、食器を洗っている際はヒップの引き締めタイムだと位置づけ、背筋をしっかりと伸ばしたまま、お尻の穴を閉めて立つようにしています。
洗濯物を干すときは二の腕、ふくらはぎ、顔の引き締めタイムだと位置づけて、洗濯ハンガーを高い所にかけて腕を高く持ち上げるようにしている他、つま先立ちをキープしたり、かかとの上げ下げを繰り返し、その間、顔は膨らませたり、すぼませたり、ほうれい線予防のために、ベロ回し体操をしたり、目をぐるぐると回す体操をしたりしています。
掃除の際には、できるだけ二の腕を引き締めることを意識するようにしています。掃除機がけは片手で押すようにやってみたり、窓拭きを両手でやり、肩から動かすように心がけるなど工夫しています。
雑巾がけも二の腕を引き締める効果があると聞いたので、時間があるときにやるようにしています。
歯磨きをする際やお風呂上りに体を拭く際には腰のくびれを作るために、腰を前後左右に動かし、右回り、左回りに回す骨盤体操をしています。骨盤体操は骨盤が正常な位置になるからか、あるいは回す動作がよいのかはわかりませんが、意外と早く効果が出てきます。
廊下の移動の際には、ヒップアップのために片足ずつ後ろに蹴るようにし、二の腕痩せのために腕を雑巾のように絞りながら歩いたりしています。
食事をする際にも背筋をしっかりと伸ばして姿勢をよくし、両膝をつけて内ももに意識して座るようにして、太ももを引き締めるようにしています。
家の中だけに留まらず、買い物に行く時は、リュックを背負って両腕が動かせるようにして歩いていくようにしています。歩く際にも、いろいろと気をつけています。足の付け根から動かすようにして大股で、肩甲骨周りの褐色脂肪細胞の働きを良くするように腕もなるべく大きく振るようにして歩くようにしています。どうしても大荷物になってしまうために自転車で行かなければならないときは、行きはペダルを足先で漕ぎ、帰りはかかとで漕ぐなどして違う筋肉を使うように心がけています。
わざわざエクササイズをしなくてはいけないと思うと及び腰になってしまうのですが、常にバストを引き締めることを意識することで時間短縮にもなります。
ですから面倒くさがりの人にも効果的なスタイル維持法だと思います。

子供がいるなんてウソでしょ?

  • 投稿日:
  • by

憧れでもあり理想のスタイルの持ち主は、今をときめくミランダ・カーです。
大人っぽく見えたり、少女のように見えたり、そんな不思議でキュートな顔の下には驚くようなスーパーパーフェクトボディのミランダ。
ただのスタイルのいいモデルと違うのは、その可愛らしくてあどけない顔立ち。ニッコリ笑うとできるえくぼが親しみやすくて、何だか同じクラスにいる可愛い女の子っていう印象すらあります。
そう、ちょっぴりファニーフェイスという所が、ミランダの最大の魅力。
完璧じゃなくて、ちょっと崩れているのが女心に妙な安心感と親近感を抱かせるんです。

なのに、あの伸びる手足、形の良いバスト、締まったウエスト
ドレスを着ても、カジュアルな服を着ても、水着でも下着でも裸でも、とにかく何を着ても(何も着なくても)決まってしまう欠点のない体!
ミランダなら私が普段着ている糸のほつれたヨレヨレの薄汚いパジャマですら「計算されたルーズスタイル」とかなんとか書かれちゃって、
雑誌の広告のように決まってしまうでしょうね。ちょっとムカついてくる程です。

スタイルがいいのは元より、ミランダの私服も憧れる理由の一つ。
とにかくオシャレなんですよね。さり気ないオシャレで嫌味がない。流行のアイテムを上手に取り入れていて、まるでこれが流行だなんて意識してないの、
むしろ私がいいと思ったものが流行しちゃうんだからね、と言わんばかり。(まぁ実際そういう部分も多いとは思いますが)

しかしカジュアルな服も嫌味なく着れるのは、あのすらりとした長い手足のおかげだと思います。
あれであとほんの少しでも足が短くて太かったら、あそこまで格好よく決まらないでしょうし。
ミランダがシンプルなニットとデニムで愛息子を連れて颯爽と歩いている写真を見た時は、あたかも映画のワンシーン。
歩いているだけなんですよ。しかも子供抱っこして。凄いと思います。

ハリウッド女優やモデルは腐るほどいるけれど、今まさに旬のミランダの輝き方は他の女優モデルでは逆立ちしたってかなわないでしょう。
「私はトップモデルよ」という自負が内面からあふれ出して、体全部を使って光が放出しているような印象すらあります。
 
離婚したけれど、夫はハリウッド俳優だし息子は可愛いし、仕事は世界トップクラスだなんて、
ミランダの生き方そのものも憧れてしまうし、ここまでパーフェクトだと非難する気持ちにすらなれません。
本当に羨ましい!私もそんな風に生まれたかったなぁと思います。