子供がいるなんてウソでしょ?

  • 投稿日:
  • by

憧れでもあり理想のスタイルの持ち主は、今をときめくミランダ・カーです。
大人っぽく見えたり、少女のように見えたり、そんな不思議でキュートな顔の下には驚くようなスーパーパーフェクトボディのミランダ。
ただのスタイルのいいモデルと違うのは、その可愛らしくてあどけない顔立ち。ニッコリ笑うとできるえくぼが親しみやすくて、何だか同じクラスにいる可愛い女の子っていう印象すらあります。
そう、ちょっぴりファニーフェイスという所が、ミランダの最大の魅力。
完璧じゃなくて、ちょっと崩れているのが女心に妙な安心感と親近感を抱かせるんです。

なのに、あの伸びる手足、形の良いバスト、締まったウエスト
ドレスを着ても、カジュアルな服を着ても、水着でも下着でも裸でも、とにかく何を着ても(何も着なくても)決まってしまう欠点のない体!
ミランダなら私が普段着ている糸のほつれたヨレヨレの薄汚いパジャマですら「計算されたルーズスタイル」とかなんとか書かれちゃって、
雑誌の広告のように決まってしまうでしょうね。ちょっとムカついてくる程です。

スタイルがいいのは元より、ミランダの私服も憧れる理由の一つ。
とにかくオシャレなんですよね。さり気ないオシャレで嫌味がない。流行のアイテムを上手に取り入れていて、まるでこれが流行だなんて意識してないの、
むしろ私がいいと思ったものが流行しちゃうんだからね、と言わんばかり。(まぁ実際そういう部分も多いとは思いますが)

しかしカジュアルな服も嫌味なく着れるのは、あのすらりとした長い手足のおかげだと思います。
あれであとほんの少しでも足が短くて太かったら、あそこまで格好よく決まらないでしょうし。
ミランダがシンプルなニットとデニムで愛息子を連れて颯爽と歩いている写真を見た時は、あたかも映画のワンシーン。
歩いているだけなんですよ。しかも子供抱っこして。凄いと思います。

ハリウッド女優やモデルは腐るほどいるけれど、今まさに旬のミランダの輝き方は他の女優モデルでは逆立ちしたってかなわないでしょう。
「私はトップモデルよ」という自負が内面からあふれ出して、体全部を使って光が放出しているような印象すらあります。
 
離婚したけれど、夫はハリウッド俳優だし息子は可愛いし、仕事は世界トップクラスだなんて、
ミランダの生き方そのものも憧れてしまうし、ここまでパーフェクトだと非難する気持ちにすらなれません。
本当に羨ましい!私もそんな風に生まれたかったなぁと思います。